歯科医院で親知らずを検査してもらった

歯科医院を受診するのは、とても勇気がいりますね。クリニックのコンサルティングとしては、小さい時の痛みのトラウマがあり、なかなか歯医者を受診することができなかったのです。私のようにたとえ根管治療の名医の歯医者であっても、とても怖いところと思っている人は沢山います。この私もそんな一人でした。しかし一回受診をすると、もっと早く受診をすればよかったと思うので不思議ですね。そして、親知らずが痛い出して受診した時には、その奥歯がかなり歯周病が進行していて文京区の歯医者で抜歯することになったのです。抜歯することになったのですが、レントゲンの結果、その周囲の神経を巻き込んでいるかもしれないということで大学病院で抜歯をしたほうがいいということになりました。そこで抜歯できなかったのは残念ですが、そのように最良の判断をしてもらえたことは感謝しています。その後は、無事抜歯をすることができました。歯周病がひどくなると、そんなことになるんですね。要注意であると改めて思った事でした。